一宮の文化財

No. 5 町指定 文化財 絵画
                                             
   
     
長い歴史の中で、人々の暮らしに根付いた時代の証人
   


                                                      み   ょ   う   り   ゅ   う   じ                     ね      は   ん      ず
第1章
 
妙劉寺の涅槃図
 江戸時代 S63.3.28指定

 涅槃図とは、釈迦入滅の状況を描いた絵画で、 旧暦215日に寺々で営まれる追悼法会に用いられ るものです。
 妙劉寺の涅槃図は、画面の見事さだけでなく、「宝飯郡輪口庄東條郷・・・」という銘文があることで 重要視されています。銘文の最後には「庚□歳二 月吉日日泉叟巨益代」とあります。これは、寺が再建 された元禄の頃にはまだ、かつてこのあたりが「輪 口庄」と呼ばれたことが、伝承として残っていたこと を示しているからです。

                                                  し  ょ  う  げ  ん  い  ん        こ  う  ん  え  じ  よ  う  ぞ  う
第2章
松源院の孤雲懐弉像
鎌倉時代S63.3.28指定

 松源院は、15世紀に大中一介が曹洞宗の寺して再興した古刹で、多くの寺宝が伝えられています。
 孤雲懐弉(11981280)は、曹洞宗総本山永平寺の二世にあたる僧で、この像も鎌倉時代に描かれたものです。縦80cm、横39cmの絹地に懐弉が全身像で描かれています。禅宗では師の言行が重んじ られ、その姿を表した肖像画(頂相)も大切にされてきました。
 この像は毎年17日の「宝物開き」の時に拝観 することができます。

                                                        と  う    こ    う       じ                か    い    が
第3章 東光寺の絵画
            江戸時代 H10.12.21指定

加藤元白筆 東光寺の絵画

 加藤元白(18251910)は、今の豊川市橋尾町に生まれた画家で、晩年は東京で暮らしました。出世地である橋尾に作品が多く、東光寺には、襖絵や衝立、欄間に絵がみられます。酒好きと伝えられる元白ら しい絵が「酒仙図」という襖絵で、満開の桜の下で 酒宴を催す酒仙人を描いています。

 
一宮町文化財トップ  
Copyright (C) 2005, miyagon All Rights Reserved.   参考文献:一宮の文化財
本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます