一宮の文化財

No. 2 県指定 文化財 史跡
                                             
   
      時空を超えた先人達の文化遺産がここにある

   


              す   み   や   き   こ   ふ   ん   ぐ   ん
第1章
 
炭焼
古墳群     古墳時代 S29.3.12指定 

炭焼古墳 4号墳の石室

 炭焼(平)古墳群にはこれまでの調査によって、 40基の古墳が確認されていますが、現在では県の 史跡に指定された5基以外には姿をみることができ ません。昭和27年、多くの古墳が調査された結果、 古墳時代後期の群集墳としての重要性が認められ、 早くより指定されています。
 大半は径10m内外の円墳ですが、中に前方後 円墳等を含む点や、40基という古墳数の多さ、また 装飾須恵器などの出土品をもつことなどが、この古 墳群の特徴といえるでしょう。

  第2章 旗頭山尾根古墳群古墳時代 S53.5.29指定 

旗頭山尾根古墳群

 東三河の豊川流域は、愛知県内でも後期古墳が 特に密集する地域として知られていますが、一宮 町と新城市の境界をなす旗頭山にあるこの古墳群は、 積石塚を多く含み異色の存在といえます。
 積石塚とは古墳の墳丘を礫で構築するもので、 全国的にも分布が限られおり、県内では豊橋市北 部とこの地域だけにみられます。渡来人との関係な ど議論も多く、重要な遺跡として24基もの古墳が保 存されています。
 


一宮町文化財トップ  
Copyright (C) 2005, miyagon All Rights Reserved.   参考文献:一宮の文化財
本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます